利便性に優れたシステム

介護ソフトは訪問介護の現場でも導入利用されており、利用者の基本情報が管理されています。また、近年はパソコン以外にもタブレット端末でも使用することが出来るので手軽に情報を入力することが可能です。

Read more...

伝送ソフトを活用

国保連伝送ソフトを利用することによって、ネットの接続が簡単に行えるようになれます。また、セキュリティ面も高いので、多くの人の個人情報を取り扱うという場合に便利であると言えます。

Read more...

欠かすことが出来ない

介護ソフトは介護施設など様々な現場で使用されているものですが、情報を管理することが出来るので大変便利なものとなっています。また、初期費用がかからないので費用を抑えることも出来るでしょう。

Read more...

効率化を図る

現在の取り組みやトレンド

介護保険では、介護認定区分によってサービスの提供時間や料金が決まっています。 利用者がサービスを利用する場合はケアプランの作成が必要で、主にケアマネージャーがサービスの調整をします。訪問介護を利用する場合は、どのようなサービスを提供するかを訪問介護事業所と相談して決めるのですが、サービスの利用が決定した場合は、訪問介護事業所も利用者ごとにサービス計画書や実績表の作成が必要になります。 介護給付費の請求を行う際にも実績表の提出が必要ですが、これらの作成や管理がまとめてできる介護ソフトが数多く開発されています。 現在では事務作業にパソコンを利用するのが一般的ですが、介護ソフトを導入することで更に事務作業の効率化が図ることができます。

介護ソフトを利用する方法

介護ソフトを導入するには、販売している会社に申し込みをすれば利用できるようになりますが、介護ソフトにはパッケージ型とASP型の2種類があるので、どちらの方法で導入するかで費用も異なってきます。 また、事業所ごとに必要な機能は異なってくるので、内容もよく確認することが大事です。訪問介護事業所の場合は、利用者の基本情報やサービス計画書、実績表などの他に介護伝送ソフトなどが備わっているものが多くなっています。 現在では多くの介護ソフトが販売されていて、ソフトの内容もそれぞれ異なります。そのため、いくつかのソフトを比較して使いやすさを確かめることも大切です。 ASP型の介護ソフトの場合は、1か月から2か月間程度無料で試用できるメーカーもあります。

Copyright ©2015 介護ソフトを導入する~利用者情報キャッチナビ~ All Rights Reserved.